テーマ:丸メガネ

7月になりました

6月は30日で終わり 今年も後半となり 今日からから7月になりました。 各地では 大雨が降り 梅雨本番の鬱陶しい 日が続いています。 でも7月という言葉を聞くと もう夏になった気分です。 先日は 花ハスを見てきました。 青空が待たれるこの頃です   空を飛ぶ やじろべえメガネ スカッとした 青空の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろんな顔の方がいらっしゃいます

私の丸メガネは 小さいレンズを使うメガネが多いです。 両目の瞳の距離 (瞳孔距離)を合わせることが 小さいメガネにはとても大事な事です。 そのために 鼻幅を広くしたり 狭くしたりします。 ところが 両目の幅が広くても 狭くても 顔幅が狭いか 広いかという事も 大事な事です。   メガネをかけてみて 長い間かけていると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏に備えて

6月も20日を過ぎて 梅雨ですが 晴れた日は暑くて 日差しが強くなり 車の運転をしていても 眼が眩しくて 運転した後は疲れます。 また 私も60歳を過ぎると 眼をいたわらなくてはなりません。  例えば 白内障の原因に 紫外線の影響もあり こんな時は サングラスを使って直射日光を避けたほうが良いと されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日

5月は母の日というのがあり お母さんに感謝する日として プレゼントを渡したり 言葉で「ありがとう」と言ったりする日です。  6月にも 父の日というのが出来て お父さんありがとうという旨の 御祝いの日があります。 お父さんというと 私が子供の頃は 親父は 叱られたり 用事を言いつけられたりと 恐い または うっとうしい存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間はあまのじゃく

毎日メガネを作っていると 細いメガネばっかり作っていると だんだん飽いてきます。 それは仕事だから ちゃんとその仕事をするべきですが 細いメガネは頼りないと思ったり なんとなく気分が乗らない時があります。  チラチラと 太いメガネを見ると ついつい 手にして 細いメガネばかりしていたせいで 頼りない気持ちが出てきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剣道用のメガネとして

今日からいよいよ6月になりました。 もう一年の半分になろうとしています。早いものです さて 2年ほど前に 私のメガネに いろいろと修正してほしいとのことでお問い合わせがありました。 これは剣道用のメガネとして 使われるとのことでした。 https://56995471.at.webry.info/201804/article_3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さい丸メガネが欲しいけど

小さい丸メガネをかけてみたいけど  小さいレンズだと狭くなって顔にかけられないという 問題が出てきます。 眼と眼の距離いわゆる 瞳孔距離にこだわるあまり フレームが小さくなってしまう事もあります。 そんな時は フレームの横のライン 私たちはこれを 「ヨロイ」と呼んでいますが このヨロイの長さを少し長くすることで 顔幅に合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作りのメガネは

私の作るメガネは ほとんどが手作りで作っています 例えばやじろべえメガネの 耳に当たる木の部品はろくろを回して 黒檀などの木を削って作ります そのせいで 左右の形が少し違うように見える事もあります 左右対称が 本来なら求められる形ですが 目視で作っていくので どうしても 完璧な左右対称にならないのです。 人間の身体もまた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある声楽家の方から

私は人前で歌うことはありませんが 人の歌う歌を聴くのは好きです。 先日 ある声楽家の方から メガネの依頼があり いろいろとメガネの細かい部分についても 質問されて それに答えるべく メガネを作ることになりました。 右と左の耳の位置が少し違うので そのように左右のテンプルの高さを変えて欲しい とのこと また まばたきすると睫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなメガネ

毎回書かせていただいておりますが メガネの大きさについて 小さいメガネだけではなくて 大きなメガネを作ってほしいとのことで お問い合わせがありました。 私も百戦錬磨ではありませんが いろんなメガネを作っているつもりですが  大きくて しっかりしたメガネが欲しいとの事でした。 小さいメガネと比べてみて いかがでしょうか? 小さいメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻筋の髙い人

いつも思いますが 人間に問わず自然界のものはどれ一つとっても同じものはありません。 工業製品なら 同じものが出来ますが この自然界は同じものを食べていても 身体つきも顔の形も違います。 クレオパトラの鼻があと1センチ高かったらという言葉がありますが 鼻の高さも人さまざまです 私の作っている丸メガネは 一山という部品を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとおしゃれな気分で

私のメガネの大半は アンティックゴールドとかアンティックシルバーと言った古色です。 レトロな感じを表現して 肌の色にもマッチするようで この色合いが好まれるようです。 しかし 時に 光沢のある 金色とか シルバーを選ばれる方もいらっしゃいます。 光りすぎかなと思いましたが ストレートに 金色とか シルバーは 清潔感のある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一山メガネの 弱点

私が作っているメガネの 大半は一山と言われる鼻のところにパッドがないメガネです このメガネは 昔からありました。 西洋でも 日本でもありました。 しかし この一山には 弱点というか 誰にでも合うかというと 合わないこともあるという弱点があります。 洋画など見ると 白人の人が出て来ると鼻が高くかっこいいと思う事でしょう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弓道をする時

弓道をされている方から メガネのお問い合わせがありました。 頭部を左肩方向に回しますが90度ではなく、大体6、70度くらいで、両眼を左に向け、レンズの左端で的を見る、という普段と違う使い方になります。それと、メガネの右ツルの付け根が飛び出していると、ごく稀ですが、弓の弦が引っかかり、メガネが吹っ飛んでしまうという危険性があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18角形 クラッシックな気分

私のブログをよくみていただいている方から こんなメガネのご希望がありました。 私が以前書いたブログで 自分でも忘れているようなことを 書いてご依頼があるとは びっくりです 。 今回のメガネは 18角形のメガネで リムに模様が入っていて 一山クラッシック型で  ブリッジの裏にはシリコンゴムを着けて などと いろいろ組み合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は 小さいコマルめがね

先日は大きなメガネでしたが 世の中どうなっているのかしらん と思うような ことで 小さいメガネを探しているとのことでお問い合わせがありました。 お話を聞いてみると 近眼の度数が強くて 顔も小さめで細いという事でした。 それでは やはりコマルメガネをためしていただくことになりました 先日は 大きなメガネで 大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと大き目のメガネ

メガネを選ぶとき 小さ目のフレームを選ぶ方がいらっしゃいます。 小さい方が 小気味が良いというか おしゃれに見えます。 しかし かけていて 眼の周りに リムの影が見えて気になると言う方もいらっしゃいます。 長い間メガネをかけていると リムの淵が 視界を邪魔をするようです。 本を読んでいても集中できない と 言われる方もいらっしゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸メガネの基本

私の作るメガネで 丸メガネがありますが この丸メガネの一番初めに作ったメガネは 「一山細リムクラッシック」と言っています。 このメガネは 私の丸メガネの中では 基本になるメガネです。 新しくもなく 古くもなく 特に目立つこともないメガネです。 メガネのデザインをいろいろとみますと 派手なデザインや 色使いをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち着くメガネ セル巻

メガネの問い合わせの中で 時々セル巻のメガネの 問い合わせがあります。 オールメタルフレームの中で リムのセル巻をしたメガネは ちょっと落ち着くような雰囲気です。 セル巻は 以前にもご紹介しましたが 昔の技法で 今現在では この福井においても数人の職人の人しかセル巻が出来ません。   貴重な技法です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブちゃん と トンちゃん 

時々 ブログに出してもらっています 僕たちの名前は カブちゃん と トンちゃん です 二人合わせて カブトンです。 今日は 僕たちの名前のカブトンのご紹介です  かぶちゃん: 僕たちが 何でここにいるかって言うと 昔々 9年程前に  ある若者によって彫られました。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さいメガネ どっちが良いかなあ

コマルメガネのお問い合わせがありました。  コマルメガネって どんなくらいの大きさだと思いますか? 大きさがわかるように 500円玉と比べてみるとわかるかなと思い 並べてみました 500円玉より ちょっと一回り大きい丸メガネです。 おそらくこんな小さなメガネは あなたの周りでかけている人はほとんどないと思います。 500円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い女子にも 極太メガネ

前にも書きましたが 私が作ったメガネが 私から離れて メガネは独立して そのメガネを使う人が決めるようです 当初 このメガネは 建築家ル・コルビジェのメガネを思いながら作ったもので 金属のメガネで出来るだけ太いメガネを作ってみたいと思い作ったものです。  と言ってもコルビジェのメガネは プラスチック製なので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年 作ったメガネ

今年ももう少しですが 振り返ってみて 今年作ったメガネの中で 木のテンプルのメガネを作ったのが 私にとっては一番充実していたみたいです。  と言っても たくさん注文があったというのではなく 気に入るまで作ることができたかな   と 思うだけなんですが。               一年前に作ったメガネ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

34mmのやじろべえメガネ

やじろべえメガネには いろいろなサイズがあります。 かける方の瞳孔距離に合わせるのために いろいろなサイズを作ったのですが かけて似合っているかどうかというのも 選択理由になります。 丸メガネというと かけてみると ひょうきんな表情を思い出します。たとえば ドラえもんののび太君などは 丸メガネが可愛い感じです。  しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマルにセル巻

今年の夏 やじろべえメガネのお問い合わせがありました。 セル巻にしてほしいとのことで 用意していたのですが もう少し考えてからという事で そのままでした。 もう今年も終わる 12月に その方からあらためて お問い合わせがありました。 いろいろ考えた末 コマルメガネのやじろべえメガネにしたいとのことでした。 それに セル巻と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば

先日 11月23日は 満月でした。  その話をしたら ある方から  平安時代の貴族、藤原道長が「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」と詠んでからちょうど1千年後の満月だそうです と言われました 歴史にも 文学にも 弱い私は さてどんな意味なのかと調べてみると 当時の権力をすべて手に入れ この世は自分のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作り始めて 2年経ちました

木のテンプルのメガネを作り始めて 2年ほど経ちます。 当初は 黒檀やローズウッドの木を 切りだして カーブをつけるのが 難しく どうしたら曲がるのか どうしたら うまくフィッティング出来るのか まったくわからず やみくもに削り出して今から見ると はじめに作ったメガネは お粗末なメガネだったかもしれません。   あれから 機会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなの作ってみました

先日メガネの補助枠を作ってみました 近眼と老眼を使い分けるとき 遠近レンズを使うことが 一般的ですが  遠近レンズは眼の動かし方で遠くを見たり 近くを見たりします。 とても 便利なレンズです。 しかし 眼の動かし方が慣れないので 疲れるというか 使いきれない方もいらっしゃるようです。 そこで 試作で こんなの作ってみました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帽子を深くかぶりたい

女性の方からお問い合わせがありました 今 やじろべえメガネをかけているんですが 耳の木の部分が ちょっと大きくて 帽子をかぶる時 ちょっと邪魔になるんですが と言うことでした。  電話での会話ですが 深く帽子をかぶるというので その時 木の部品が邪魔になるようです。 これは 主観的な事で 話を聞いていても どんな具合かわかりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーフムーンとフルムーン

お月様の 満ち欠けで フルムーンというのがあります  真ん丸の 満月のことです。 また丸が欠けて 半月 三日月と いろいろ変わります 私の作る丸メガネは さしずめ フルムーンの形ですが 満月を半分にしたらどうなるかと考えました。 当然 半月のように 半分になります。 これは丸メガネとは言いません。   なぜ こんな話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more