あなたのメガネ ずっとサポートします 

長年私のメガネを使っている方から 電話をいただきました。 この度 白内障の手術を受けました その後眼の状態が安定したので 今まで使っていたレンズが使えませんので 新しい度数のレンズに替えたいのですが ついでにメガネの手入れもお願いします。 という電話をいただきました。 この方 覚えています とにかくめがね屋さんに行くのが…
コメント:0

続きを読むread more

いろんな顔の方がいらしゃいます

世の中 百人百顔で 誰一人同じ顔の方はいらっしゃいません。  眼の位置が 離れた人と 狭い人 あたりまえのことですが それなのに 同じメガネをかけるという事自体 難しいのではと思います。 先日 こんな事がありました。 両目の距離が狭いのですが顔幅が広いという事でした。 そうなると 今までのメガネは 横幅が狭すぎて だ…
コメント:0

続きを読むread more

飴色のような竹

あまり作ることはないのですが 煤竹という 古い竹をテンプルに使ったメガネがあります。 このメガネは 100年以上経った古い民家を壊す時出てきた 囲炉裏の天井に使った竹が変色して 煤をかぶって出来た竹です。 テンプルがまっすぐなので 激しい運動をする時はかけられませんが 動きが少ないときに使うものです。 先日…
コメント:0

続きを読むread more

胸が高鳴る メガネ

小さいメガネを作っていますが 特別に お金をかけて宣伝などはしていないので 世の中に知れ渡ることもありません。 でも 口コミや このブログなどで 見つけてくださる方もいらっしゃって 時々 問い合わせがあります。 先日も小さいメガネという事で 検索されて 私のところに問い合わせがありました。 昨日の夜から「やっと自分の理想の…
コメント:0

続きを読むread more

メガネを おでこにかけて

先日 メールをいただきました こんな内容でした かなり以前注文した眼鏡を紛失いたしました。 記録が残っていれば、同じものを再度注文したいのですが、如何でしょうか。 いつも愛用してくださっていたんだなあと うれしく思いました、 もう5年ほど前の事で 履歴を見て 在庫であったのですぐ手配しました。 小さい34m…
コメント:0

続きを読むread more

もっと細く なりませんか?

先日限りなく透明に近い。。。というブログで御紹介したメガネフレームですが この記事を見られたのか 問い合わせがありました。 辻岡さんのブログの細メガネの考えが、私のメガネフレームで思っていた、思いとほぼ同じです。現在、辻岡さんの、37□26-140とリンドバーグリム コロナ10(40mm)を使用しています。  リンドバーグ コ…
コメント:0

続きを読むread more

沼と湖 

池と沼との違いてなんでしょうか? ある人は「河童が住んでいるかどうか」というと 真剣に聴いている人は怒りますが 沼というと 「泥沼」「底なし沼」といった暗い謎めいた感じを受けます 落語家の立川談志に 沼と湖はどう違いますかと聞くと 「気持ちのいいのが湖で 気持の悪いのが沼だ」という答えが来たそうです。 池は人工物で…
コメント:0

続きを読むread more

思い出の 絵ハガキ

以前に頂いた絵ハガキだけど なかなか使えず 手元に置いてあります。 長浜というところにあった 古書店のご主人がつくった 絵ハガキです。 古書店というのは 古本屋とは違うようで 本は古くなっても 選ばれた本であるような気がします。 今から8年以上前に訪れたのが 初めてで 古本ばかりと思っていたら 古書という文…
コメント:0

続きを読むread more

メガネの修理

先日から 今までに作ったメガネで途中までしか作っていなかったメガネや 失敗してそのままにしておいたメガネを修理しています。 もうあと少しで完成だったのに 溶接が取れてしまい 作るのを断念したメガネがありました。 このメガネ どこかおかしいと思いませんか?そうです右テンプルの先が 色が違うのが気がつきましたか? 実は こ…
コメント:0

続きを読むread more

セル巻で 気分を変えて

先日ご依頼のあった セル巻のメガネですが 黒いセル巻をしたいとのことでした。   デミブラウンのセル巻   黒いセル巻 普通 デミブラウンと言って 「鼈甲色」のセル巻をするのですが 黒が良いとおっしゃって 黒にします。    アンティックシルバーに 黒のセル巻 色的には マッチしていて いい感じです、 男性の方…
コメント:2

続きを読むread more

メガネと 髪形

私のメガネを使われる方の中には いろいろな職業の方がいらっしゃいます。 私は職業に関わらず メガネを作っているのですが職業によって 好みがあるように思います。 これは勝手な思い込みですが 丸メガネが似合う方の特徴は 髪が短い方が まず上げられます。 例えば 料理をするかた 板前さん 、僧侶の方 お坊さん…
コメント:0

続きを読むread more

限りなく 透明に近い 、、、、

昔 小説で「限りなく透明に近いブルー」というのがありました。私は読んだことはないのですが そのタイトルを覚えています。 限りなく近いという ギリギリに近い という 言葉の遊びかも知れませんが モノにはギリギリの状態を見せると言うか 表現したいこともあります。 私の作るメガネでも そんなギリギリの状態のメガネを作ってみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマルメガネの 多様性

私のメガネにお問合せを してくださる方には とてもマニアックな方が 多いようです。 良くメガネの事をご存知の方もいらっしゃって 作る私よりもよく御存じでビックリしてしまう事もあります。 また 他には あまり店に並んでいないような フレームを探し出して お問い合わせを下さる方もいらっしゃいます。 今回は 直径30mm…
コメント:0

続きを読むread more

重みのある 木のテンプルメガネ

メガネを作る時は1枚づつ作るので ゆっくり時間がかかります。 特に 木のテンプルのメガネのメガネを作る時は 削ったり 曲げたり と何日もかかります その間は カッコよく言うと 私と 材料となる木との 長い間の対話をしながら作っていくわけです。 その間は 楽しいというか 悩みながらというか 途中で折れたり 削りすぎ…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと 変化を求めて

いつも 丸いメガネをかけていると もうちょっと変わったのがないかなあ と 探されている方も いらっしゃいます。 と言って 普通のメガネでは面白くないみたいです。 先日も そんな問い合わせがありました    詩集 指差すことができない(大崎清夏 著) と一緒に それでは と ひし形 12角形  ボストン型 8角形と 角のあ…
コメント:0

続きを読むread more

漆で 一段と

私が作っている木のテンプルは 使う人によって アレルギーのせいで 皮膚炎を起こす方がいらっしゃいます。 調べてみると 黒檀 ローズウッドなどが 人によってちがうのですが かぶれる人がいます。 これは 使ってみないとわからないことで そのような場合は 木の材質を替える事もあります。 Kさんの作った 栗の木をくり抜いた…
コメント:0

続きを読むread more

試作で 

なかなか 本番にならないのですが ボール型丁番を使ったメガネを 今度は試しに レンズを入れて実際にかけてみようと思い 作ってみました。  ちょうど 以前に作っていただいた方から メガネの修理をいただき レンズも新しく交換してほしいとのことで 今までのレンズは使わないとのことでした。  レンズを捨てるにはもったいないし…
コメント:0

続きを読むread more

壊れたメガネでも 再生します

数年前に購入していただいたメガネのことで お問い合わせがありました。 お仕事で 放課後デイサービスというお仕事で 子供さんを預かる仕事ですが この時勢 コロナのせいで 家の中で自粛が多いせいか 子供たちの心も荒れ気味で 先生のメガネをとって 雑巾絞りのように 曲げられてしまったようです。 そりゃ大変だ と メガネを受…
コメント:0

続きを読むread more

縄手が根強く レトロっぽくて 今なお人気

メガネの中でも めずらしいテンプルのメガネといえば この縄手テンプル を思い浮かべます。 昔からあるのですが 今日はこのテンプルのお話をします。   ガリュープラネット製 ツウィードの帽子とともに 縄手テンプルは 巻きつる、ケーブルテンプル、スポーツフレームとも呼ばれ テンプルが耳たぶのまわりをぐるりと巻き…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとおしゃれに 読書なんか 

先日から作っています ボール丁番のメガネですが まだ 試作段階ですが いろいろと問い合わせがありました。 まず こんな小さな老眼レンズは出来るのでしょうか?というお問い合わせがありました。 作っている時は思わなかったのですが いざ レンズを入れるときに 眼鏡屋さんでこれは難しいと言われました。 でも 何軒か眼鏡…
コメント:0

続きを読むread more