いろんな顔の方がいらしゃいます

世の中 百人百顔で 誰一人同じ顔の方はいらっしゃいません。  眼の位置が 離れた人と 狭い人 あたりまえのことですが それなのに 同じメガネをかけるという事自体 難しいのではと思います。 先日 こんな事がありました。 両目の距離が狭いのですが顔幅が広いという事でした。 そうなると 今までのメガネは 横幅が狭すぎて だ…
コメント:0

続きを読むread more

飴色のような竹

あまり作ることはないのですが 煤竹という 古い竹をテンプルに使ったメガネがあります。 このメガネは 100年以上経った古い民家を壊す時出てきた 囲炉裏の天井に使った竹が変色して 煤をかぶって出来た竹です。 テンプルがまっすぐなので 激しい運動をする時はかけられませんが 動きが少ないときに使うものです。 先日…
コメント:0

続きを読むread more

胸が高鳴る メガネ

小さいメガネを作っていますが 特別に お金をかけて宣伝などはしていないので 世の中に知れ渡ることもありません。 でも 口コミや このブログなどで 見つけてくださる方もいらっしゃって 時々 問い合わせがあります。 先日も小さいメガネという事で 検索されて 私のところに問い合わせがありました。 昨日の夜から「やっと自分の理想の…
コメント:0

続きを読むread more

メガネを おでこにかけて

先日 メールをいただきました こんな内容でした かなり以前注文した眼鏡を紛失いたしました。 記録が残っていれば、同じものを再度注文したいのですが、如何でしょうか。 いつも愛用してくださっていたんだなあと うれしく思いました、 もう5年ほど前の事で 履歴を見て 在庫であったのですぐ手配しました。 小さい34m…
コメント:0

続きを読むread more

もっと細く なりませんか?

先日限りなく透明に近い。。。というブログで御紹介したメガネフレームですが この記事を見られたのか 問い合わせがありました。 辻岡さんのブログの細メガネの考えが、私のメガネフレームで思っていた、思いとほぼ同じです。現在、辻岡さんの、37□26-140とリンドバーグリム コロナ10(40mm)を使用しています。  リンドバーグ コ…
コメント:0

続きを読むread more

沼と湖 

池と沼との違いてなんでしょうか? ある人は「河童が住んでいるかどうか」というと 真剣に聴いている人は怒りますが 沼というと 「泥沼」「底なし沼」といった暗い謎めいた感じを受けます 落語家の立川談志に 沼と湖はどう違いますかと聞くと 「気持ちのいいのが湖で 気持の悪いのが沼だ」という答えが来たそうです。 池は人工物で…
コメント:0

続きを読むread more

思い出の 絵ハガキ

以前に頂いた絵ハガキだけど なかなか使えず 手元に置いてあります。 長浜というところにあった 古書店のご主人がつくった 絵ハガキです。 古書店というのは 古本屋とは違うようで 本は古くなっても 選ばれた本であるような気がします。 今から8年以上前に訪れたのが 初めてで 古本ばかりと思っていたら 古書という文…
コメント:0

続きを読むread more

メガネの修理

先日から 今までに作ったメガネで途中までしか作っていなかったメガネや 失敗してそのままにしておいたメガネを修理しています。 もうあと少しで完成だったのに 溶接が取れてしまい 作るのを断念したメガネがありました。 このメガネ どこかおかしいと思いませんか?そうです右テンプルの先が 色が違うのが気がつきましたか? 実は こ…
コメント:0

続きを読むread more