掃除をしていたら

先日 工場の掃除をしていたら 古いメガネの箱があり それを開けてみました。

今から37年以上前に作ったメガネでした。


そのメガネ 今見ると とんでもない形のメガネでした

P8275295.jpg

当時 私の工場は 輸出するメガネを作るのが 主でした。 と言うのは 当時はメガネを作る大きな産地と言うと ドイツ イタリア フランスといった ヨーロッパの製品が多く 主にアメリカに輸出していました。まだ中国や韓国からのメガネは少なく ヨーロッパのフレームに対して日本のメガネは安かったので アメリカでのシェアもだんだん大きくなっていきました。


1970年~1990年頃は 鯖江はメガネ工場 メガネの貿易商社が多く メガネ工場に付随する 下請け加工業者も多く 景気が良い時代でした。(今では 小さなメガネ工場は少なくなり 大手の工場がメガネを作っていますが やはり中国などの製品が多くなったせいか 輸出するメガネは急激になくなりました。)


その当時 貿易の相手国のアメリカの人がどんなメガネを要求しているのか全く分からず やみくもにメガネを作っていました。


ある時 貿易商社の方が 変わったメガネを作ってくれと 言われたので さあ どうしたものかと 当時まだ30歳くらいの私は ただ変わったメガネという事だけで いろいろと考えていました。

P8275297.jpg


その結果 今回見つけた メガネもそのうちの一つで 工場では「猫の眼」と言っていました。


猫.jpg

誰が言い出したのか 「猫の眼」とは そんな感じに見えます。

今から思えば 大胆と言うか 全く素人のものが 恥ずかしくもなく 出したものだと 顔が赤くなります。

でも 私の若い時の 一つの思い出になります。

P8275300.jpg

こんな くそ度胸みたいな 向う見ずのことができたのも 若かったからなんでしょうね。

おもちゃみたいな この 「猫の眼」 ちょっと捨てられないなあと 横に置いておきました、


さて 今日は私も長い間メガネを作っていますが 今日お送りする ローリングストーンズは1962年に結成されて 今もなおステージに出ています。 御年 76歳と言う年齢で 日本では後期高齢者になってしまいますが 体型もほとんど変わらず ちょっと声が続かないけど

すばらしい演奏です。 今年の8月の演奏で 「ジャンピングジャックフラッシュ」をお聴き下さい


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント