テーマ:アート

陽の目を見ないメガネ

メガネのモデルを考えるとき いろいろと作ってみます   先日 昔リム巻をしたのですが 気が変って 作らずにそのまま御蔵入りしていたリムが出てきました 今から3年ほど前に考えたレンズ形でしたが 結局ものにならないと思ったのかな。 でも ここで出会ったのが 運の付き やじろべえメガネを作ってみました。 いつも丸メガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち着くメガネ セル巻

メガネの問い合わせの中で 時々セル巻のメガネの 問い合わせがあります。 オールメタルフレームの中で リムのセル巻をしたメガネは ちょっと落ち着くような雰囲気です。 セル巻は 以前にもご紹介しましたが 昔の技法で 今現在では この福井においても数人の職人の人しかセル巻が出来ません。   貴重な技法です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブちゃん と トンちゃん 

時々 ブログに出してもらっています 僕たちの名前は カブちゃん と トンちゃん です 二人合わせて カブトンです。 今日は 僕たちの名前のカブトンのご紹介です  かぶちゃん: 僕たちが 何でここにいるかって言うと 昔々 9年程前に  ある若者によって彫られました。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長年使っていると愛着が湧きます

私のメガネをお使い頂いている方から 長年使っているとバタバタになってしまったので オーバーホールしてほしいと 問い合わせがありました。 調べてみると もう2年以上使っているようで 送っていただきました。 そのメガネを拝見しましたら 煤竹のテンプルのメガネでした。 今から2年前のメガネでしたが 竹の繊維に汗が浸みこんで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間がかかりました

今年の春 私の学生時代の同窓生によるグループ展を京都でしたときのことでした。 私はメガネを 作品の代りに出品しました。  私は不在でしたが グループ展が終わってから メガネのお問いあわせがありました。 グループ展で観たメガネの事でした。 たまたま 木のテンプルのメガネを出品したのすが そのテンプルが気になってということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳とともに 落ち着くのかな

私のやじろべえメガネの愛用者の方から メガネのお問い合わせがありました 毎日 ジョギングで走ったりしている時は このやじろべえメガネ とっても楽だし ずれないのでいいと思うのですが 仕事や 自宅でゆっくりするときは 落ち着いたメガネが欲しいとのことでした。 いつも 活動的に動き回っていたんですが 歳をとったせいか? いやいや 動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二の人生

私ごとですが 今から7年ほど前になりますが 動脈解離という病気なりました。 急に失神して 緊急大手術でした。 危うく 命がなくなる寸前でしたが 運よく この世に戻ることができました。 しかし 退院後 半年以上は謹慎の状態で 仕事もせず ぼんやり過ごしていました。 今迄の注文もキャンセルしてしまい どうしたものか考えていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひし形をさがして 

先日メールをいただきました おそらくひし形山眼鏡だと思うのですが以前電車でリリーフランキー似のダンディな方がかけていたのをみて欲しくなりネットサーフィンの末 やっとたどり着きました。 と言うことで 私のひし形のメガネを見ていただくことになりました。 当初 ひし形メガネって 突飛な感じで 誰がかけるんだろうと思いなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな組み合わせ って 。。。

今日から9月です 暑い8月でしたね。  さて 私の作っているメガネは 互換性のある部品が多いです。 私のブログをよく読んでおられるのか よく知っている方から メガネの御提案がありました。 今回の提案のメガネは フロントは ジモーヌヴェイユ で テンプルはパブロの羽根 という組み合わせでした。 この話を聞いて さてどうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さいレンズのメガネ

私の作っているめがねでコマルメガネと言うがあります。  今から6年前に ある方から依頼されて 半信半疑で作ったというメガネです。 このメガネの事を思い出すと こんなコメントがありました。 人の瞳は丸なのですから、メガネは丸が合理的です私は空を見ることが多いので、上も下も見える必要があり、円は合理的です。最小限の丸だと、レンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の中の宇宙

木のテンプルを作るとき 最近気になるのが 木それぞれが持っている 独自の木目です。 今迄木に無頓着だった私にとって この木目とても新鮮で おもしろくなっています。 先日 ある方のアトリエにお邪魔した時 そこに置いてある テーブルを見たとき 不思議な木目のテーブルでした。ケヤキの木で 玉のような木目で ジッとみていると 宇宙の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナチュラルなメガネ

やじろべえメガネを作り始めて もう7年ほど経ちます。やじろべえメガネを最初に購入していただいた方から お問合せがありました。   元はこのやじろべえメガネは この方の御希望で作ったものでした。 というのは普通のメガネを掛けていると アレルギーのせいか かゆくなったり 皮膚炎を起こしたりと メガネを掛けるのが辛いとのことで 何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日

先日は 父の日でした。 私は父の日というのに関係ないと思っていました。 ところが 娘から珍しくプレゼントがあるとのことで 何だろうと うれしくなりました。 すると ドリップ式のコーヒー豆で パッケージがおしゃれなんですね。 よくみると メガネと 口ひげのイラストが 描いてあります。 まるで 私の顔のようなイラストで すぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い色は恋人の色 

昔こんな歌が流行っていましたね、ベツィ&クリスでしたね。 ♪花びらの白い色は恋人の色 ♪ ♪ また 北海道には白い恋人というお菓子まであるみたいです。 さて そんな 話をするのは 私が作っている木のテンプルメガネに 白い木を 使ってみようと思い 白い木を探してみたんですが それに相当する木というのは このメープルという 木か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤いメガネは 派手ですか

人の好みはそれぞれだなあと メガネを作りながら感じることがあります 例えば レンズの大きさを 大きい丸にするか 小さい丸にするか 同じような顔の大きさですが この場合好みでしょうか?  そのため 瞳孔距離(瞳の間の距離)に合わせて 修正する必要がありますが。 私の丸いメガネも 直径30mmから 44mmまでいろいろと揃えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛べそう!! そんな気持ち

昔から人には 空を飛びたいという願望があるようです レオナルドダヴィンチもいろいろ考えたそうですし アメリカのライト兄弟は初めて飛行機で空を飛びました。 バウハウス時代 インゴ・マウラの 羽根のついた電球 歌にも背中に羽が生えてたらという歌もあって 空を飛ぶことの歴史も長そうです。 先日 私のメガネを見ていただい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の眼 バードアイ 

木の眼鏡を作っていると 木のいろいろな木目が気になります 最近購入した木ですが カエデの木を使ってみました。この木の特徴は 木の木目 杢(もく)にあるようです カーリー杢とか バーズアイとかいう 変わった木目に 興味を持ちました 今回は このバーズアイという木目を使ってみました カエデ メープルと言う木は 白っぽい木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タフなメガネ 

長い間使っていると 道具は傷んで来たり変形したりします 毎日 散歩に使う 靴ですが すり減りました これは毎日使うものですから仕方ないことです 服も 靴も 気に入りでも 何でも減ってきます。 でも 愛着があるので 使い続けるという人もいらっしゃいます。 メガネもまた 傷んできたり変形したりします。 でも視力を維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガネの展示ケース

昔 私が在学していた大学の卒業生のOB会で 美術展をすることになりました と言いましても 私は 純粋美術(こんな言葉ないかもしれませんが)とは縁遠くなってしまいまして 今はただメガネフレームを作るだけの活動しかしていません。 それでも良いからと言うことで 私の作ったメガネフレームを出品することになりました いつもこのブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は ピンク 

ゴールデンウィークになり 人出が多くなりました 私が住む鯖江でも 西山公園という場所があります ツツジの花が満開になり 観光客の方が大勢来られます その西山公園に 今満開の花があります シバザクラです。 私はこのシバザクラ 色がどぎつくて抵抗がありますが 咲いている風景を見ていると 春らしい色で 大勢の観光客をお迎えす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとしたおしゃれ?

先日も御紹介しましたが 最近木のテンプルを作りながら思う形があります 耳の部分の形がちょっと尻上がりになっています。 全体に細くして作ってみました 木はまっすぐで 曲がらないという思いから カーブを作ったり 曲げてみた形を作ることが なにか 新しい可能性を感じるのですが さてどうなりますか? 先日はひし形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チクチクと 針仕事

以前私のメガネを購入された方から 電話がありました あるところで チクチク会という 針仕事のサークルがあるようで そこで私のメガネを見て おもしろそうだわと 言うことで お問い合わせがありました 私は針仕事というのにはまったくの無縁ですが 針と糸で 布を縫ったりしながら 作品をつくっておられるのでしょう。 でも 長い間見つめ続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸メガネもあるけど こんなメガネから

丸メガネをかけてみたいけど ちょっとという方に こんなメガネはどうでしょうか? やや楕円で 丸メガネではないですが シンプルで かつ 丈夫なメガネです プラスチックのフレームをかけていた方で メタルフレームに変えてみたいな と思う人にも ちょっと太めのリムが メガネの輪郭をクッキリみせます。 今回はアンティックシルバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やじろべえメガネの こだわり

今回ご依頼のあったやじろべえメガネですが いろいろと細かいところに こだわりがあるようです。 例えば 耳の部分の木の部分(ボンボリ)の色ですが 普通黒檀の黒っぽい色が多いのですが  今回 ちょっと明るめにしてほしいとのことで ローズウッドの 明るい部分を使ったボンボリを作ることになりました。 アンティックシルバーに 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色違いで 木のテンプル

私のメガネの主な色に アンティックゴールドと アンティックシルバーがあります。 どちらも古色なんですが 温かみのあるゴールドに対して クールな感じのシルバーがあります。  アンティックゴールド のフレーム アンティックシルバーのフレーム 先日 アンティックゴールドで木のテンプルメガネを選ばれた方で 今回 アンティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パブロの羽根 ふたたび

以前にも書きましたが 最近ずーっと出ていないフレームに 「パブロの羽根」というのがあります テンプルの形が ちょっと変わっていて 特異な存在のメガネです 今までは 丸いレンズ形ばかり考えていましたが ちょっと趣向を変えて ひし形にも つけてみようかと思いました。  取り付けてみると なかなか面白いものです 色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日も長くなりました

夕方の散歩に出ると つい先日は5時を過ぎると 辺りが暗くなって 日が短いことを実感しました しかし 2月を過ぎると 5時を過ぎても まだ明るく 日が長くなったなあと思います 冬は 玄とも言うらしく 青春・朱夏・白秋・玄冬. 人生の各年代(ライフ サイクル)というそうです 冬至は暗く一番日の短い日であります 今日は立春 で よう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月になりました

今日から2月です 早いものです   1月は往ぬる 2月は逃げる 3月は去る と言われ 昔から早いのかもしれません。 1月は私は 相変わらずメガネを作っていました  手間が要りますが 木のテンプルのメガネを作り出すと とにかく削ることがほとんどで 今まではめがねと言うと 金属ばかり使っているので 油まみれになったり 金属の削り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと凝ったメガネになりました

今年になって 木のテンプルのメガネをいろいろ作っています 最近依頼のありましたメガネに セル巻をした木のテンプル付きメガネがありました 木の種類は 黒檀を使います。  何回も作っていると だんだんテンプルを削る要領もわかり 失敗するのが少なくなってきたようです また 押さえどころというかポイントとなる点もわかるようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月は 松 竹 梅

正月を過ぎて もう6日のなってしまいました。 でもまだ正月気分が残っているのか 身体がうまく動きません 正月といえば 門松をたてて 正月を迎えたいのですが なかなかそこまで手が回りません 昔から松竹梅という縁起の良い 植物を飾る風習があります 松は一年中枯れることなく いつも緑なので 不老長寿を表し  竹も一年中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more