手作りのメガネは

私の作るメガネは ほとんどが手作りで作っています
画像

例えばやじろべえメガネの 耳に当たる木の部品はろくろを回して 黒檀などの木を削って作ります
そのせいで 左右の形が少し違うように見える事もあります
画像

左右対称が 本来なら求められる形ですが 目視で作っていくので どうしても 完璧な左右対称にならないのです。 人間の身体もまた 自然界で出来たもので 人体と言えども 左右対称にはなっていないみたいで 左右の眼の高さ 耳の高さが少し違っている方もいらっしゃいます。
結局 そのかける人に合わせて作るという事が 最終的なフィッティングになると思います。
画像

そんなわけで やじろべえメガネを 作るに関して かけてみて違和感のあるところがあれば 修正しながら仕上げていくようにしています。 人間の身体も自然の中の木も いろいろ形があって いびつに見えてもまたそれが自然の形であるという事で それにメガネが合うようにしていくのが いいのではと思います。
画像

  三好建太郎氏の 越前壷と一緒に

陶芸の壷でも茶碗でも 左右対称のまとまった形より すこし歪んだ 凸凹のある 形に 人間の作った手の味わいがあるように 感じられます。
アルゼンチンには タンゴという音楽があります。アルゼンチンの音楽家のアストラ・ピアソラという人は そのタンゴに行き詰まりを感じジャズやクラッシックの要素を入れた 新しいタンゴを作曲しました。しかし なかなか受け入れられなかったが アメリカやヨーロッパで絶大な人気になり ピアソラの音楽が完成したという事です
彼の代表作で「リベルタンゴ」という曲をお聴き下さい


"手作りのメガネは" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。