メガネを おでこにかけて

先日 メールをいただきました
こんな内容でした

久保さんのメガネ.jpg

かなり以前注文した眼鏡を紛失いたしました。
記録が残っていれば、同じものを再度注文したいのですが、如何でしょうか。


いつも愛用してくださっていたんだなあと うれしく思いました、 もう5年ほど前の事で 履歴を見て 在庫であったのですぐ手配しました。

P1040853.jpg

小さい34mmの 丸メガネで バネ丁番がついているメガネでした。

仕事でお使いだと思うので できるだけ早く送らなくてはと思い 準備しました
4日ほど経って ようやく出来たので お送りしたのですが 案の定待っていてくださったようです


こんなメールをいただきました

早速使っております。軽く遠くを見るとき眉の上に乗り、
又すぐかけて近くの物を見る事が出来る。
色々試しましたが、最終的にこの眼鏡に勝るものはありませんでした。
もちろんデザインも気に入っています。


そうかあ 軽い老眼が入ったメガネなので 仕事をしていて おでこにかけたり めがねとしてかけたりと 手元と 遠くを 見るために 使っているんですね。 仕事では次々とこなす仕事で 常に手元と ちょっと向こうを見るとき 必要ですね。

毎日使っていると 生活のリズムと同じく仕事での眼の動きが 重要なポイントに なります
このリズムが 狂うと 仕事のタイミングが壊れます。 ちょっとした タイミングを守るためにも メガネをおでこに掛けてみたり 眼にかけてみたりとか 連続で使うリズムが大事なんだなあと 思いました。

P1040855.jpg


たかが メガネの事で と思いましたが 我々毎日の生活を見ると 毎日同じことをしていると ちょっと勝手が違うと タイミングがずれて
チグハグなことになってしまいます。

おでこ眼鏡.png
 私もメガネをおでこのかけてみたり して メガネを掛けていますが このことを痛感します

_1040863.jpg

特にこのメガネは バネ丁番がついているので コメカミにも圧迫感が少なく それでいてバネで身体にフィットしているので 楽だと思います。 

_1040860.jpg

今回の方も メガネが身体の一部になっているのでしょうね
大事に使われているんだなあと うれしくなりました。

さて 私達はみんな歳をとっていきます。 私もいつまでメガネを作り続けられるだろうと 思うことがありますが 先日 ユーチューブを見ていたら 見たことがあるような老人が歌っていました。 

「明日にかける橋」 しばらくして 「嘘だろう」と思いましたが 彼がアートガーファンクルだったので ビックリしました 調べると 78歳で 10年前に 声帯麻痺を患い その後少しづつ回復してきたようですが なにか元気がないようで 心配です。 
彼にとっては歌うことが 生きがいなのでしょう。 あの 「天使の歌声」は聴くことができませんが 年老いても 目的を持つことがいいのかもしれません。

では 昨年のガーファンクルのコンサートから 「明日にかける橋」をお聴き下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント