もっと細く なりませんか?

先日限りなく透明に近い。。。というブログで御紹介したメガネフレームですが この記事を見られたのか 問い合わせがありました。

辻岡さんのブログの細メガネの考えが、私のメガネフレームで思っていた、思いとほぼ同じです。現在、辻岡さんの、37□26-140とリンドバーグリム コロナ10(40mm)を使用しています。
ころな10.jpg
 リンドバーグ コロナ10

私の理想は、リンドバーグリムコロナ10の一山仕上げです。このフレームの細さは、強度面で無理だとは思いますが、辻岡さんの、細フレームを出来るだけ細くしていただき、作製していたければと思います。。(無理なお願いですが限界まで)


という内容です。 リンドバーグのメガネと比べるとまだまだ 太いなあ もう少しダイエットしなければ なんて 考えていました。
DSC_4325.jpg

でもやってみる価値はあるなあと 思いつつ ブリッジを削り削り 細くしました。 細くても丈夫であることが大事です。
また 鼻のパッドも 一山ではなくて その左右に鼻パッドを付けるという事で これまた ややこしく鼻パッドをつけました。

自分でも こんなことするなあと思いつつ やってみます 。

DSC_4326.jpg


DSC_4327.jpg
DSC_4330.jpg


ただ単に細いだけでは ダメで 細くても丈夫でなければなりません そんな相反する命題で作ります。

DSC_4327.jpg


耳にかかるモダンも シリコンゴムで作った 細いチューブ型のモダンで 太さが1,5mmくらいで 耳にのせるという感じで 肌触りも良いみたいです。

DSC_4331.jpg

こういった 問い合わせで まだ作ったことがないメガネを作ることになることも また たのしみでもあります。

いろんな人が それぞれの思いをメガネにしているんですね。

また 新しい 細いメガネを作ることができました。

カエルと牛.jpg


ただ 私の頭にかすめたのは イソップ物語の話で 「カエルと牛」という寓話がありますが もっと細くとか やっていると 最後はなくなってしまうのでしょうか?

コロナの旋風で 世界中がおかしくなってきているような気がします。 アメリカでは 警察が黒人を暴行死させて 全国で暴動とデモで大変です。
香港でも いつの世でも革命やデモが 民衆から起こされて世界が変って行きます。 

ジョン・レノンも 1970年ごろから オノ・ヨークさんとともに 音楽を通じて世界に平和の声明を出していました。 
映画「いちご白書」でも最後のシーンで ジョンの「ギブ ピース ア チャンス」という歌を歌いながらデモが壊されていきました。 

今日はその「平和を我らに(give peace a chance)」をお聴き下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント