シモーヌヴェイユ は 2人 居た

私の作っているメガネで シモーヌヴェイユ型という フランスの女性哲学者の名前をつけた 大それたメガネがあります。 

これは 哲学の教授をしている友人が 彼女のメガネって 作れるの?と尋ねられて それをきっかけに作りました。 

いわゆるボストン型のメガネで 1930年ごろから ヨーロッパなどで 流行していました。

普遍的な形なので 今も昔も問わず 人気があります。

さて この シモーヌヴェイユという女性 はフランスの方ですが 調べてみると 有名なシモーヌヴェイユとは 二人いることに気がつきました。
画像

一人は 女性の哲学者で 1909年生まれで 1943年に亡くなっています。 私はこの人のメガネを コピーして作りました。

画像

またもう一人のシモーヌヴェイユという人は フランスの政治家で1927年生まれで2017年に亡くなっています。

二人とも フランスを動かした女性活動家です。第二世界大戦の時 ナチスによって 二人とも人生が変わっていったようです。
画像

しかし シモーヌヴェイユという名前は 活動家になる運命的な名前なのでしょうか? 

画像

私は 何気なくかかわったこのメガネの名前に 実は 深い歴史があることを知り とんでもない名前にしたものだと 自分でびっくりしました。
画像

まさか メガネで 世界の歴史を知ることになるとは 、、、、  
画像

でも シモーヌヴェイユの名前を教えてくれた友人に 感謝しなければと思います。

さて 今から50年以上前になりますが クリームというグループがありました。
3人のロックグループでしたが 3人とも個性の強い それでいて卓越した演奏で 私がまだ中学生でしたが  ビックリしたものです。 それから50年以上経って その中のギターのエリック・クラプトンが 演奏しています。
でも 歳をとったせいか 若くない円熟した演奏です 落ち着いています。 70歳を過ぎても こんな演奏が出来るとは 素晴らしいですね
彼の演奏で 「サンシャシンオブユアラブ」をお聴き下さい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント