若い女子にも 極太メガネ

前にも書きましたが 私が作ったメガネが 私から離れて メガネは独立して そのメガネを使う人が決めるようです
画像


画像


当初 このメガネは 建築家ル・コルビジェのメガネを思いながら作ったもので 金属のメガネで出来るだけ太いメガネを作ってみたいと思い作ったものです。

画像

 と言ってもコルビジェのメガネは プラスチック製なので 同じものは出来ませんが メガネがオブジェのようにならないかなと思って作ったものです。
画像

オブジェのようなメガネを 顔にかけるというのは ちょっとどうかなと思いました。

今から10年ほど前の事です。 そんなに売れるとは思ってもいませんでしたし 作るのもチタン板を削るので 手間がかかり それほど期待もしていませんでした。
しかし 最近この3~4年 このメガネの問い合わせがよくあるようになりました。
それも 男性だけでなく 女性の方からも問い合わせがあり 若い女性からも最近ありました。

画像

当初は オブジェのように とか コルビジェとか 難しいことを考えていましたが そんなことではなく 今風に
「かわいい」とか 「やばい」とかの感覚でしょうか?
画像

でも 作ったものの思いよりも メガネが独立して 世の中で受ける 思い入れの方が 大事なのかなと思います
この極太メガネ きっと 若い女性にも 似合うことと思います。

さて 12月も中旬を過ぎて あわただしくなってきました と言っても 私の周りにはそんな雰囲気はありません。
来週はクリスマスになるのですが 今さらクリスマスと言っても 昔聴いた サイモンとガーファンクルの 「silent night」をお聴き下さい。 私は英語を聞いても チンプンカンプンですが この曲のバックに流れているニュースは ヴェトナム反戦運動関連の騒動の事や ニクソンの反戦運動批判などを言っているようですが その中にレニーブルースという コメディアンの死を報道しているという事です。 
画像

  ダスティンホフマンの演じる レニーブルース ←ここをクリックすると映像が出ます

大体35秒くらいのところですが このレニーブルースという人は 映画になり ダスティンホフマンが演じて 私も観に行きました。 反戦 若者のことなど 過激なトークショーで聴衆をどんどん引くつけてなはしをしていく映画でした。

彼が死んだというニュース と一緒に サイモンとガーファンクルの きよしこの夜が歌われています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント