自分のメガネ

いつも丸メガネばかりかけているので 気分を変えてこんなメガネを作ってみました。
画像

この八角形のメガネです。 今までにも作っていたのですが 私もこのメガネをかけてみたいと思いレンズを入れてみました、 
画像

ただ 問題だったのは私の瞳孔距離が70mmと広いので 既存のサイズでは合わないので 鼻幅をうんと広くしました。  今までにこんな広い鼻幅のメガネはなかったのですが 自分のために作るのには 仕方ありません。 横の張り出し(ヨロイ)も横に長く伸ばして 顔の広い私に合わせて広くしました。

しかし この八角形のメガネ 自分で作って この八角形について 考えることがありました。

八って 私たちと どんな関係があるんだろう。
考えてみると 私が住む日本には 数字にまつわる 言葉が多いです。
画像

  剱岳 八峰
画像

   銘酒 八海山

例えばこの 八 この数字にも 八方 八卦 八峰 八海山 と 八にまつわる言葉が多いです。
先日 ネットを見ていたら 北海道の網走に 「八角」という魚があって 見た目は気持ち悪いのですが とても美味しいと言うことが書いてありました。 
画像

  八角の 断面

この魚 聞いたこともなく なぜ八角と言われるのだろうと思っていました。  ある寿司屋さんが言うには この魚の断面が 八角になっているので そう呼んでいるとのこと。
自然にはいろんな形があるんだなあと 納得しました。

さて 私の作るメガネにも 八角のメガネがありますが この八角のメガネ 当初は ちょっと突飛な形なので
こんなメガネ出るかなあと 思っていました。 
画像

 アメリカでの展示会の時の モデルを使ったポスター

少しは問い合わせがありましたが そのまま 数年経ってしまいました。 ところが 先日 このメガネを アメリカの展示会に出品したところ おもしろいと言われたそうで 急に光が当たったようで 私がびっくりしました。
画像

そんなこともあって 一度この八角形のメガネを かけてみたいと思うようになりました。
画像

  やじろべえタイプの 八角形メガネ
さて バイオリン奏者で ギドン・クレメールという奏者がいます。
私はクラッシック音楽はあまり聴いていませんが ある日この人の演奏を聴いていたら ゾクッとするような感じがしました。 それからyou tubeを見ていたら なんと形は違いますが 八角形のメガネをかけていました。

ヘーッ 意外なところで八角形メガネと出会えるなんて うれしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント