女性ならではの 感性

今年の1月にも 書きましたが シモーヌヴェイユという女性の哲学者がいました。
画像

 彼女の言葉で
「われわれは過渡期にある。 しかし何に向かっての過渡期なのか? それについては誰もすこしもわからない」

と今 我々が立っている現在というものが わかっているようでわかっていないという いつの時代も現在というものがどうなっていくのかわからないという ことです。
世界大戦でナチスやスペインの内乱で どうなっていくのかわからないときの 事でした。
画像

無名のまま彼女は病死してしまいます その後 友人などが彼女のノートをまとめて出版したところ ベストセラーになって彼女が哲学者として知られる所となったそうです
画像

彼女は近眼だったのでしょうか? いつも ボストン型のメガネをかけている写真が多く それが シモーヌヴェイユという人となりを表しているようです。 私はとってもよく似合っていると思っています。

画像

 真ん丸のめがねではなく ボストン型という所に 彼女のちょっとした洒落な感性があったのかなと思います。 そんなに選り好み出来る時代ではありませんでしたが そんなことを感じます。

私はこのメガネを作るとき シモーヌヴェイユという女性は哲学者で 私の生活とは関係ないと思いながら なぜ彼女のメガネを今 私が 再現しようとしているのかと 考えます。 

画像


私はメガネはかけている人の 個性を表し 知性を感じさせるものだと思います。 特にその人の顔の一部になってくると その人の感性を表していると思います。

このメガネをかけるときにそんなたいそうなことは 考えなくてもいいのですが このボストン型のメガネ 女性の感性を刺激するような 普遍的な形なんですね 

今回は このシモーヌヴェイユ型のメガネに やじろべえメガネのテンプルにしてのご依頼がありました。
女性の方ですが きっとこのボストン型のメガネにやじろべえメガネのテンプル は軽くて圧迫感のないメガネで
きっと気に入っていただけると思います。

さて 今日は 戦前から戦後にかけてアメリカのジャズシーンで黒人女性ボーカルとして 差別 麻薬 酒などで破天荒な人生を送ったビリーホリディの 歌です。 人種差別が強いアメリカで彼女は のちのジャニスジョプリンなどに 大きな影響を残しました。 彼女の歌で 「オールオブミー」をお聴きください
活躍する女性は時代を超えて かっこいいですね。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント