こんな小さいメガネ かけられるかな?

私の作っている メガネの中で コマルメガネという 小さなレンズのメガネがあります。
作っている私自身 こんな小さなめがねを掛ける人がいるのかなと思いながら作っていたのですが
メールをいただいて
目の大きさ・形に似た感じの眼鏡が欲しいのです…
具体的に言うと30㎜一山眼鏡のレンズを、幅そのままに細長くした感じ+ひし形眼鏡を2で割ったような・・・
(幅30㎜最大高さは23㎜ぐらい)
このような感じのものってありますでしょうか。

これは1枚だけで作るので大変だと思いながら 私の心のどこかで こんな小さいメガネをつくってみたらまた面白いかもしれないぞ という 悪魔のささやきではないけれど 興味が湧いてきました。
それで簡単なスケッチを描いて 送ってみたところ こんな感じでいいとのことでした。
画像

レンズは小さくても顔の大きさは 普通の大きさですから 鼻幅と ヨロイの部分は長くする必要があります。
また かけても痛くないように バネ丁番をつけることも必要です。
画像

生地が出来てみると 妙に生物的と言うか おもしろい形です

画像

一応 手作りなので2枚作ります (一枚は予備として)  生地枠で一度お送りしたところ

眼鏡、完璧です。
頭への締め付けもちょうどよく、とくに木の耳当てのフィット感は素晴らしいの一言でした!
マナコを囲む形もよく、ぜひこの型にて製作、お願いいたします

 という 返事をいただき 一安心しました。
どんな方が掛けるんだろう と 想像しながら 作業にかかります。
そして数日後メッキも上がって 仕上げをして 納品です。
一品ものと言うのは 作品を作るような気分です  緊張感もついて回るし そのせいか出来上がった時は
私自身うれしいきもちです。

数日後 メールをいただきました
ファニーな形状に、イメージどおりのカラー…
封を開けたとき、自分の脳裏に浮かんだら言葉は、なぜか「勝った」の一言でした。
クリップオンサングラスを装着したときのインパクトは、望んだものを凌駕してきましたよ…!
恐らくは実用の眼鏡としては限界のサイズであろうこの眼鏡、
これを形状も相まって自分の第二のマナコとして活用しようと思います!


こんなメガネ 世界のどこを探してもないなあ と 良くても悪くても 一枚のオリジナリティを感じさせるメガネです
もし このメガネがあと50年ほどこの世にあったら 誰かが珍しがって こんなメガネどこで売ってたと 言ってくれたら 誰も答えられず 謎のメガネになるのかな なんて 思ったりします。 こんなユニークなメガネを提案してくださったご依頼の方に お礼を申し上げます
画像

今朝聴いた 曲は今から43年前私が高校3年の時聴いた曲ですが あの当時 ベースのスタンリークラークと言う若干21歳の青年の弾くウッドベースが話題になりました まるでフラメンコギターのように弾くのですから。 

昨年福井にチックコリアと来たときはもうすでに65歳以上になっていたみたいです、若い時の演奏は荒削りでも迫力があり素晴らしいです それで完成された感があります。 リターントゥフォエバーの ラ・フェスタ です 

    フラメンコ風になる前の 緊張感が好きです。
福井の越前海岸のカモメもついでにどうぞ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント