辻岡正美 丸メガネをつくる

アクセスカウンタ

zoom RSS さあ 今日から4月

<<   作成日時 : 2017/04/01 08:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日 テレビを観てたら 3月でキャスターの入れ替えの挨拶が多いみたいでした
画像

今日から4月です 新入生 新採用の入社など いよいよ出発の季節が始まります
私は相も変わらずですが エイプリルフール でも楽しみますか?
画像

さて 昨年の12月よりメガネのお問合せがあって ちょっと変わったレンズ形でした 。 一応手作りで作りましたが どうもしっくりこないので やはり通常のメガネが良いかなと言うことで 楕円のメガネになりました。
画像


でも 鼻の部分をもう少し高くしてほしいとのことでしたので また高くして作りました。
画像

どんな方が注文してきたのだろうかと思っていたら マムシ草の研究をされている方と言うことでした
学名テンナンショウ( 天南星)という山に生える植物です。 私も山を散歩するとき ときどき見かけるのですが
そう言えばいろいろと種類があるようです。 

今回のメガネの依頼の方は 日本のあちこちにこのテンナンショウを探して歩いているのでょう 。
とても変わった形の植物で 何か魅かれるものがあるのでしょう。 

モノの研究には 時間と忍耐が必要です 今回の注文のメガネも いろいろとこだわりがあるようです。 
画像

そして 出来たのが シルバー光沢の楕円のやじろべえメガネでした。 ココでこだわったのが 耳の部分の木です。これは この木を使ってほしいとのことで送っていただいた木です。 
画像

これは 柿の木でした。 ちょっと 柔かいので加工しにくいのでしたが なんとか形にして送りましたら 漆を塗って帰ってきました。 かぶれるかもしれませんから気をつけてと 書かれていました。 何と渋い色でしょう。 ここまで思い入れが強いとは 私も負けず作らなくてはと思いました。 
画像

シルバー光沢のリムに模様付きで とてもシンプルで 上品で 何と言っても漆塗りの木がついているのは まさに 限定品です。 さすが植物学者!!と 思いました。 

漆という植物もまた 日本古来のもので 伝統的な技術です・ きっとこのやじろべえメガネも テンナンショウを探してご主人とともに 山の中を駆け回ることでしょう
画像


いつもの事ながら 4月になると いつもこの曲を思い出します サイモンとガーファンクルの 「4月になれば」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さあ 今日から4月 辻岡正美 丸メガネをつくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる