辻岡正美 丸メガネをつくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 重そうで軽いけれど 重厚感

<<   作成日時 : 2017/02/21 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の夏ごろから作り始めた 極太丸メガネ(チタン板削り出し枠)が ようやく完成しました
画像

  7月22日のブログです
http://56995471.at.webry.info/201607/article_6.html
画像

まだ 少し在庫がありますが 少量の制作のため 外注に出すとなかなかしてくれないので 時間がかかります
画像


今回のメガネは 前回のメガネに比べて テンプルが10mm長くしました。 というのは このメガネを使ってくださている方からもう少し長くならないかと お問合せがあり モダン(耳のプラスチック)を特注で作ったりしていましたが。 今回は余裕をもたせて 長くしました

この極太メガネ 2mmの厚みのチタン板を削り出して 形作っていくわけですが 型崩れしなくて丈夫です
画像

また テンプルはベーターチタンの0.5mmの薄さの板を削り出して作ります。 このベーターチタンはバネ性に富み 薄くても丈夫で このメガネ 一見重そうですが 軽いんです。 でも 重厚感はあります。
画像

また 表面処理は IPメッキ(イオンプレーティング)という方式のメッキなので 摩耗性があり 簡単には剥げにくいし 傷つきにくいと思います。 それゆえ 汚れることはあっても 壊れることはないのではと思います。

さて 先日京都に樂焼きという焼き物の展覧会に行ってきました。
画像

  この茶碗は 知人の方から頂いた茶碗です

楽焼というのは 豊臣秀吉の時代 千利休という茶人が樂長次郎に作らせた茶碗ですが 室町時代から400年以上続く茶碗です。 今回近代美術館で開かれた展覧会は初代から今日まで15代にわたる 歴代の茶碗を展示されていました。 中でも 初代の黒樂は黒い茶碗ですが 重厚感があり 千利休が好んだ黒い茶碗をみて
ふと 僭越にも私の作った黒い極太メガネを思い出しました。
画像


黒いモノには 普遍的な力を感じ すべての色を吸収してとても強い発言力を感じます 
飾りっ気のない このメガネ 実にシンプルな感じだと思います。 模様もなく 直線と曲線で作られるオブジェのようなメガネです。
さて 今日は ジャズのスタンダードナンバーで「バイバイブラックバード」という曲です ビートルズの曲でもブラックバードという曲がありますが ブラックバードというのはどういう意味かしらと調べたのですが 共通して言えることは家族の元や家に帰るという意味 みたいです 今日は マイルスデイビスの演奏で お聴き下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重そうで軽いけれど 重厚感 辻岡正美 丸メガネをつくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる