辻岡正美 丸メガネをつくる

アクセスカウンタ

zoom RSS シルバー光沢のメガネ

<<   作成日時 : 2017/02/09 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

最近お問い合わせで多いのは シルバー光沢のメガネです  
アンティックシルバーとかアンティックゴールドの色も 安定して多いですが 単純な色として シルバー光沢 もしくは 少し金のかかったシルバーが人気が出て来たみたいです。
画像

何故なのかわかりませんが 私が思うに 光沢のあるメガネは 清潔でスマートな感じがします
いろいろと 色について考えますが 何かしら行き着くところは 金かシルバーか 黒になるみたいです

何年かけていても 飽きないのかもしれません
画像

眼鏡でも かっこいいと言われるメガネはデザイン的に 突出したものが多いのですが メガネのデザインも 行きつくところ シンプルなデザイン 無駄なものが消去されたメガネのデザインになるみたいです
" width="360" height="270" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" />

普遍的な形と色を 
私は メガネというものは かけているうちに だんだんかけている人の肉体と同化して 身体に一部になって 鼻が顔についているように 口が顔にあるように メガネも そのメガネがその人の顔の一部になるのが理想かなと思います。
画像

人間の顔はとても複雑に動きます また変わります それゆえ その顔の主役ではなく 脇役として いつもかけている人の個性を演出できるものであってほしいと思います
眼鏡では主張せず かける人の個性を引き出すような 存在になるのが良いと思います
確かにシルバーのメガネは 清潔に見えるし クールな感じです 

今回 二つメガネの依頼がありましたが ふたつとも シルバー光沢でした
画像

でも 同じシルバーでも それぞれこだわりがありまして 一つはリムに模様付きの丸メガネで ちょっと大き目のレンズの径です。 
画像

もう一つは 楕円のメガネで 縄手(ケーブルテンプル)でした。 ちょっと小さ目で 同じシルバー光沢でも やはり ご依頼の方の個性でしょうか かけてみると もっと個性的になられるのではと思います
あらためて  いつも単純な色だと思っていた シルバーが クールでかっこいいと思いました
画像


シルバーで思い出す唄は サイモンとガーファンクルの曲で 「明日に架ける橋」で出て来る
 Sail on silver girl Sail on by Your time has come to shine というフレーズです また 「水曜日の午前3時」という曲ではI've broken the law  For twenty-five dollars  And pieces of silver   I held up and robbed  という   フレーズが出てきます
サイモンは 銀に対する気持ちがあったのかしら と思えてきます
今日は 「水曜日の午前3時」をお聴きください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シルバー光沢のメガネ 辻岡正美 丸メガネをつくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる