辻岡正美 丸メガネをつくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 瞳孔距離の広い やじろべえメガネ

<<   作成日時 : 2016/09/29 20:14   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

遂に探していた眼鏡を見つけました!
私は、度が強く乱視もある為レンズが分厚く
重くなってしまい、調整しても動いているうちに、前にズレてしまいます。
PDも70と広く、レンズを薄くしようとして小振りのフレームを選ぼうとすると今度はPDが全く足りないのです。

こんなメールをいただきました。 
さて こんな方にはどんなメガネを薦めたらいいでしょうか と しばし考えていました。
画像

上のメガネが 山幅広いもの 手前のものは 従来のもの

 レンズ径の小さいものを考え 山幅の広いメガネを考えました それに合うような滅多に登場しないメガネですが 以前に作ってみたものがありました。 作った時は 無駄かなあと思っていましたが いつしか 必要とされる時が来るものですね。
レンズ径34mmで 鼻幅36mmという 瞳孔距離が70mmの メガネを見ていただきました。 やっぱりそれがピッタリみたいでした。 
画像


近視が強いと メガネが重くなり 何かと不便です。

今回ご依頼の方の希望で テンプルは1.2mmの丸線で耳にまつわりつく感じで 作ってほしいとのことで
作ってみました。
画像


また 耳にあたる木の材質は ローズウッドを使用しました
画像

出来たのは こんな感じですが 無駄なものを削り取ると 小さなレンズ 細いテンプル 細いブリッジ でも 丈夫です。
画像


画像

 −8.00くらいある厚いレンズも 写真のように とても薄くなります。
まあ これは奇跡的な 事だと 私も思います。 これくらいになると 前にずれ落ちることもなく きっと重宝してくれると思います

いままで強い近視であることが メガネを嫌いになるネガティブな気持ちだったのではと思いますが この小さい やじろべえメガネは 重さ 厚さから解放されて ポジティブな気持ちになると思います

画像

ここでは披露出来ませんが ご依頼の方がこのメガネをかけてみた写真を送ってくださいましたが とてもすっきりして 肩に荷がとれたような軽やかさが伺えました。
どうか ポジティブに 生活していただきたいと思います。

さて 今日は バイオリンの曲ですが バイオリンと言うと やはりクラッシックが主に使われますが ジャズでも
使われています。 フランス人でステファングラッペリというバイオリニストをご存知でしょうか。 戦前のヨーロッパで ジャンゴラインハルツと デュエットでギターと共演していました。 アメリカのジャズとは違ったジャズで 特に古き良きヨーロッパジャズを感じます。 今日はグラッペリ晩年の演奏ですがお聴き下さい


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瞳孔距離の広い やじろべえメガネ 辻岡正美 丸メガネをつくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる