辻岡正美 丸メガネをつくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 縄手が 人気

<<   作成日時 : 2016/04/26 13:25   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

4年ほど前の事ですが 竹のテンプルのメガネの御依頼の方がおられました。
画像


レンズの形も楕円形で 特別注文でした。 あれから数年たってしまいまして 私もそんなメガネを作っていたことも半ば忘れてしまいっていました。  そんなとき その方から メールが届きました

前回(2012年5月〜6月)、オーバル+竹テンプルの眼鏡を作って頂きました。
現在もお気に入りで、大事に掛けさせて頂いています。
今回は、テンプルの部分を縄手テンプルで作成して頂きたいです。


フロントのメガネはそのままで テンプルを 縄手にしたいとの事でした。
画像

縄手か、、、、 先日もメガネも 縄手でした。 縄手がこの頃立て込んで多いのはどうしたことでしょうか?
メガネの歴史で この縄手という テンプルが 一つの時代を作ってきたと言う事実があるので やはり その存在が大きいみたいです。 
画像

今でも レトロの流行で この縄手を 懐かしがってまた 縄手のずれにくいという特性もあって 好まれるのかもしれません。

そう思って すぐ作ってみるのが 個人商店のいいところかもしれませんが 作ってみました
画像

シルバー光沢で ちょっと凛々しくて さわやかで 小気味のいいメガネです。
画像

小さめのレンズが かえってレトロっぽっくって いいかもしれません
画像

エリックサティという作曲家がいました 彼はクラッシック音楽の作曲家でしたが 私は高校時代にひょなことから彼の音楽に接することがありました というのは 当時のロックグループのブラッドスウェットアンドティアーズというグループのレコードに 趣の違った曲があり 何の曲だろうと調べたら エリックサティと知りました。当時はほとんど日本では知られていなかったのですが 探してレコードを聴いてみたところ 変わった曲名でナマコとかいろんな変な名前がついていて おかしいなと思っていました どうもシュールリアリズムの影響かなと思います。
当時はクラシックでも異端な存在だったのかもしれません
ジムノベティという曲です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
縄手が 人気 辻岡正美 丸メガネをつくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる